濃昼山道(新緑萌ゆるいにしえの路) (石狩市厚田区)  ■Home
  2012年5月19日 曇り/晴れ メンバー13名
  7:30安瀬山道口→9:05大沢→10:55大島内川(1の沢)→11:40濃昼峠→12:45濃昼山道口

濃昼山道は江戸時代の安政4年(1857)ロシアの南下を警戒して開削された要路で、昭和46年(1971)の国道開通まで凡そ100年以上利用された生活路である。 長い間、廃道になっていたが平成10年「濃昼山道保存会」の人達によって濃昼から安瀬まで10km余りの道が整備され案内板などが設置されている。 今ではガイドツアーもあるほどのトレッキングコースで是非一度歩いてみたいと思っていたが下山の車が無ければちょっと大変である。 そこでHYML(北海道山メーリングリスト)で同行を募るとすぐさま反応が得られ、お初の方も含め13名の大所帯で出発することになった。
          


待ち合わせ場所より車4台に乗り合わせ、 濃昼側に3台デポして安瀬側の入口から出発した。 道は綺麗に整備されそのへんの登山道より明るく歩き易い。 道脇には早々とヒトリシズカ、ニリンソウなど春の草花が出迎えてくれ、 珍しいミドリニリンソウを数株見つけることができた。 お目当てのうどは細いものが多いがちょっと道を外れると結構太いのがあったりする。 山菜採りが初めての人もいて悠久の歴史を感じる間も無く、 個々のザックはそれなりに膨らんで一同急に賑々しくなった。          

          


道沿いには水準点が6ケ所ほどあって、 復活した道の正確さを証明しているようである。 石の様子からかなり古いものと思われるが標柱の真ん中にあるへそのような出っ張りが可愛らしい。 懐かしい「大沢」に到着、この沢から安瀬山に登ったとき上流に人が住んでいた痕跡があったのを思い出した。 旧道はこの大沢沿いにルベシベ峠を通る山奥に付けられ、 よほどの健脚者でなければ一日で辿り着くのは厳しかったのではないだろうか。 沢の雪解け水を心配したが既に水量が落ち付いて渡渉は楽だった。          

          


そろそろ疲れてきたが場所を確認するとまだ序盤である。 山菜採りを止めて少しまじめに歩こうと思ったとたん今度はわらびの群落を見つけ再び無心に・・・やれやれである。 ようやく太島内川の二股に差し掛かり2の沢と1の沢を渡る。 ニシン漁で賑わった昔は厚田や浜益に点在する漁師小屋へ米や味噌などの 生活物資を背負って往来したものと思われ往時の苦労が偲ばれた。          

          


山道の後半、濃昼側に入ると道が心持ち広くなって歩き易く、また時折見通しが利いて雰囲気が変わる。 萌え出たばかりの新緑が目に優しく、山の斜面には柔らかな陽ざしを浴びた春紅葉が綺麗だった。 春まだ虫の出ないこの時期はとても清々しくお勧めかも知れない。          

          


九十九折りの登りを山道の最高点357m濃昼峠に向う。 開作当初のルートはあまりに危険で後年付け代えられたとのことだが 足元から谷が見える急な斜面に道が付いていた。 昔は海が荒れる冬場も通ったと思われるがまさに命がけの道だったのではないだろうか、 山道と言うより登山道並みの急登に一汗掻かされようやく見晴らしの良い濃昼峠に到着した。          

          


立派な「濃昼峠」の看板標識から刈り分け道を少し登ると送電線の電柱が立つ一番のビューポイントがあった。 厚田漁港と穏やかな石狩湾の向こうに残雪の積丹岳の他、手稲山、烏帽子岳、恵庭岳などを眺め一休みする。 峠から濃昼へは一転して緩やかな下りで青い海と断崖を見下ろし、 再び新緑のトンネルを通って濃昼集落へ到着した。                    

          


下山してすぐ傍にちょど良い空きスペースがあって採りたてのウド、ヨモギ、山葡萄の若芽を天婦羅で、 またそれぞれ持ち寄った一品をおかずに昼食会を楽しんだ。 青空の下、程よい疲れと心地よい風に吹かれ、これにビールがあったら言うこと無しだったが・・・ 初めて歩いた濃昼山道は素晴らしくまた春の恵みまで頂き、各人大満足の様子で解散いたしました。                    

<つづいて濃昼山道・春の花々>                      
          






ヒトリシズカ・ミドリニリンソウ
オオサクラソウ・タチツボスミレ
キクザキイチゲ・この時期に時々見かける白い花?
ニリンソウ、ヒメイチゲ、エゾエンゴサク、カタクリ、シラネアオイ、 サンカヨウ、エゾノリュウキンカ、オオカメノキ、 ヤマハタザオ、シロバナエンレイソウ、マムシグサ、ヤマザクラ
その他にもたくさんの花が山を彩っていました。          

   <濃昼山道のパンフ・北海道経済部観光局はこちら>
<2010年 安瀬山はこちら>
<2012年 濃昼岳はこちら>

 

inserted by FC2 system