ワイスホルン  1045m  山スキー (倶知安町・共和町)  ■Home
2015年2月14日 曇り時々晴れ 南東尾根ルート メンバー12名
9:40ニセコ林道520m→(11:40-12:00)ワイスホルン→13:10ニセコ林道

山名はスイスのワイスホルンに似てることに由来するが欧米人と日本人の鼻の高さ程に異なる山容である。 ワイスホルンは山頂へ通じる夏道がないので冬期限定、ニセコ連山の眺めが素晴らしく天気の良い日に登りたい山である。



倶知安−ニセコ線の最終除雪地点から雪壁を越えて林道を進んだ。ほぼ同時 に出発した単独者は我々の人数を見て先を急ぐように姿を消し、そのト レースを辿る。川を3本越えると尾根の取り付きでそこから緩い登りに入る。 右に広々したワイススキー場の跡、左にイワオヌプリとアンヌプリを眺めながら気持の良い登りである。 ところが突然上からボーダーのグループが滑ってきてビックリする。 ザックを背負っているのが一人だけであとの全員空身、CATスキーのガイドとお客さんだった。 もう一度この尾根を滑るとのことで斜面をずたずたにして下って行った。



上はすっかりガスってリフト降り場の残骸に次いで何やら黒い物体が、 CATスキーの雪上車が早くも下ってゆくところだった。遮る物が無い 稜線では風に叩かれて顔と手が痛い、初ピークだったが全く何も見えず残念である。 広々としたゲレンデを滑降、雪は風で圧縮されてたり、パウダーだったり訳の分らない 間に廃屋になったスキー場の施設に到着する。CATスキーと単独者はどこか穴場の斜面 でも滑りに行ったのだろうか、春先の天気の良い時にでも再訪したい山である。




          








inserted by FC2 system