鳥越山  トリゴエヤマ 669m (浦臼町)    ■Home
2018年3月3 晴れのち曇り 札的内川林道ルート メンバー4人
8:10除雪端→9:50尾根c270m→(11:50-11:55)鳥越山→13:30除雪端  登り3:40/下り1:35

最近決まって週末の天気が悪く、そんな中で予報のましな樺戸山地の鳥越山を予定した。 アイヌ語の山が多い道内に於いて珍しく和名だがずばり渡り鳥の往来に由来するとか、札的の集落から白く小さな頂が目立っていた。

始め山頂はもっと奥だろうと思ったが今はスマホのカメラを向けるだけで簡単に同定できるらしい。 道路沿いの電柱は1/3が雪に埋まって頭のすぐ上を電線が垂れ、終端の廃農家は屋根の雪に圧し潰されそうだ。 以前、沢登りで何度か通った林道の分岐を左に入り、途中2ケ所をショートカットしてc270で尾根に取り付く。 青空が広がって真っ白な雪とのコントラストにウキウキするも空知平野に雲が広がってしまった。 c350からの急尾根はスキーの不慣れなメンバーに少し手強い斜度だったようだ。 キックターンを重ねて登り切ると緩やかな広尾根でなかなか雰囲気の良い場所である。

尾根の左は晩生内川の急な源頭で雪庇が張り出している。 風とガスで展望は既に諦めの境地だ。 このまま淡々と山頂かと思ったら直下は左右急斜面の細尾根で更に高さ2m程の雪庇が通せんぼしていた。 手前でスキーをデポし、雪庇を切り崩して登ると狭い頂に赤布が垂れていた。 展望狙いで天気の良い日に取っておいた山だったが残念、流石にまだ3月の寒さで写真を撮って下山とする。 尾根は割と木が斑でそこかしこに好斜面が見られ、ピークハントと春スキーに手頃な山かと思う。





inserted by FC2 system