達布山  タップヤマ 406m  (小平町)    ■Home
2015年11月14日 曇り 住吉林道ルート 4名
11:30林道190m→(13:30-13:50)達布山→14:45林道 (2:00/0:55 休憩含)

達布山はアイヌ語で(タプコップ ぽこんと盛り上がった山)を意味し、三笠市にも展望台で同名の山があります。 この山の存在は一山目の天狗山で参考にした「へっぽこハイカー?」というブログで知りましたが展望の良い山のようです。 縦に長い天狗山の延長線上にあるので良いビューポイントなのかも知れません、序に登ってみたくなりました。


達布山に向かう道路沿いに大きな選炭場の廃墟が残っていました。 かつてこの集落は達布炭田として栄え、留萌から線路も引かれていたようですが今は見る影もありません。 車を林道口にデポして出発するとたんこぶの様な達布山が見えてきました。 小沢から西尾根を登って2時間もあれば下山できそうな感じです。 ヘアピンから入った小沢は笹と倒木で鬱陶しく、 ふと近くにピンクテープが垂れているので笹を分けたらブル道がありました。 救われた思いでこの道を辿り、あとは200mほど笹斜面を登るだけです。 笹はともかく蔦が多くて閉口、それでも1時間で三角点(太武古布)に到着することができました。


無雪期に登る人などいないと見え、標石は笹に覆われています。 笹を刈ってこざっぱりしたピークからは小平蘂川沿いの集落と田畑、その先に日本海が見えました。 そして頂稜の先から見える天狗山はやや迫力不足でしたが見下ろす形なのでまあこんなものでしょう。 なかなか登り応えがあって良い汗を掻けました。 帰りに留萌の神居岩温泉と鮮魚店、増毛の豆腐屋に寄って家路につきます。

<一山目の 小平天狗山 はこちら>






inserted by FC2 system