下然別山 シモシカリベツサン 1093m (鹿追町)   ■Home
2016年3月20日 晴れ メンバー4名 菅野温泉ルート
8:20菅野温泉→9:00南尾根取り付き→(10:45-11:00)下然別山→12:45菅野温泉  (登り2:25 下り1:45 休憩含)

下然別山は秘湯菅野温泉周辺にある然別三山(アイヌ語でシ・カリ・ペツ 自分を回す川)の一つ、シイシカリベツ川とその支流のナカノサワ川に囲まれた山である。 週末の天気は全道的に芳しくなく北風が強いのが気になるがその中で割と良さ気な然別湖と阿寒湖周辺の手頃な山を選んだ。
         
札幌から3時間弱で菅野温泉に到着、風は無いが標高が700m程あるせいか寒く地面がガチガチに凍っていた。 スキーの登行を諦めてワカンにするが林道ゲートの手前から目指す下然別山を眺めアイゼンくらい持ってくるんだったとちょっと後悔する。 ところが林道から尾根に取り付く頃には早くも雪が緩み、股までズッポの歩みとなる。 さっさと終わらせ今日もう一山と思っていた目論みも外れたようだ。 そして788平坦地から樹林越しのウペペサンケ山に思わず歓声が上がった。 そこから尾根の左に作業道が延び、展望を見たさの一心でズッポしながら1000mの尾根に出る。
         
木の斑な尾根から真っ白なウペペサンケ山と然別周辺の山々が素晴らしい。 ウペペに見惚れ、またポコポコした山々の同定でさっぱり前に進まない。 そして細長い山頂に到着、枝に色褪せたテープが巻かれていた。 木で眺めは良くないが真っ白な東丸山が顔を見せて嬉しい。 東方は雲に覆われてどうやら晴れているのはこの界隈だけのようである。 そして山頂の南端は木の無い展望台で近間に上然別山と然別山の白い頂、ピシカチナイ山のちょこんとした角が見える。 またウペペの並びに端正な1459峰、石山、遠藤山、北ペトウトル山が並び、ただのピークハントの積りだったが得した気分である。          
          

【下然別山からの眺め】山頂からは青空の下に真っ白なウペペサンケ山が望まれ、ゆったり長い山容に見惚れるばかりである。 西ピークに至る菅野温泉西コースと糠平富士に突き上げる東コースが廃道になって残念だ。 「何時までもあると思うな親と金」ではないが菅野温泉が再び廃業でもしたらここだって容易に来れなくなってしまう。 然別三山の残る上然別山も早目にピークを踏んだ方が良いかもと思いながら山頂を後にした。          

<今日二山目の カムイロキ山 はこちら>                  


inserted by FC2 system