シキシャナイ岳 山スキー 1058.0m  地図はこちら  ■Home
2007年4月上旬 登り2:25 下り1:15
林道7:20→9:20スキーデポ980m→シキシャナイ岳(9:45-10:10)→林道11:25(休憩含)

天を貫くヤジリかクサビのような山容だ       時期的に限界か、雪が腐り急登に苦しむ       狭い頂上、潅木が無ければ怖くて立てないかも
日高町から国道を南に走ると間も無く鏃のように尖がった山が見えてくる。 人目を引いてはばからぬ鋭い山容には厭でも興味をそそられ何時か頂を踏みたいと思っていた。 残雪を狙いかねてより約束していたメンバーを誘うと打ち合わせもしないのに各々考えるルートが一致していたのは可笑しかった。

朝5時前に札幌を出発し沙流川から岩内川沿いに採石場へ通じる作業道を進む。 片側がすっぱり落ちあまり良い感じのしない道だが日曜なのでダンプと擦れ違わないだけましである。 採石場手前の小沢から入ると古いトレースが残り・716の小尾根を目指して登る。 霧状の小雨が降りシールが濡れスキーは重いが普段は絶対に登れぬような急斜もスリップせずどんどん行ける。 主尾根に出ると幾つか標識布を見かけ地図を見ながら不明朗な地形を辿った。 生憎の空模様で至近にある筈の山はなかなか姿を見せなかったが・910を過ぎてコルへ下る途中で漸く急峻な山容が現れた。 山頂まで残り150mの上部は遠方から見た通りに凄い斜度で北東の尾根筋を忠実に登るしかない。 幸い標高980mまでスキーが使え後は潅木に捕まるなどして這うように急な斜面を登った。 雪を踏み抜きながら先頭を交代し登り切ると4人並ぶのが精一杯の狭い頂だった。 ガスで展望が得られないのが残念だが幸い下が見えず緊張するほどの高度感は無い。 急な下りは出だしが一番厭だがスキーのデポまであっと言う間に着き一先ず安堵する。 スキーは終始ただ登降りする為の道具に徹し最後までシールを付けて戻ったのは始めてだった。


inserted by FC2 system