山スキー沢〜札内岳〜エサオマントツタベツ岳
                              (帯広市・中札内村)1895m・1902m  地図はこちら  ■Home
 2012年8月24N-26日 メンバー4名
 8/25 晴れ 5:25林道端→6:25入渓→8:25山スキー沢出合い→12:50・c1790陵線→13:50札内岳山頂→14:10・c1860C1
 8/26 曇/晴 5:40C1→10:35札内JP→(11:20-11:35)エサオマントツタベツ岳→12:40北東カール→16:55林道端

去年増水で断念した山スキー沢をリベンジすることにした。 山スキー沢とはエサオマントツタベツ川上二股から札内岳に突き上げる沢で、 名前の出所は不明だが北大山スキー部あたりで勝手に付けたものが広まったと想像がつく。 この沢は一般的にガケの沢から札内岳を登った時の下降として使われることが多く、沢登りの魅力にはやや物足りないかも知れない。 今回たまたま札内岳とエサオマントツタベツ岳が未踏のメンバーが3名含まれ、 どうせなら陵線を縦走していっぺんに初ピークを踏んじゃいますかと云うことになった。

c1100で小滝一つ越えると上にずっと滑が延びていた  沢中に陽が刺し込み滑好きにはたまらぬ景観が続く   c1200でチムニー状の滑滝現れるも容易に中を行く
 8/24 夜トツタベツヒュッテに入る。滞在中の釣り人が一名いて沢山の川魚が小屋の中で干されていた。 既に横になってごそごそしてたこの方を誘い一緒に安着祝いを始める。 日高の山にも随分入ったと言う初老の方だったが話が尽きず12時半お開きにした。

 8/25 晴れ/曇り 4時の起床は流石に辛かったが早目に出発する。 エサオマントツタベツ川の水量はかなり少なく坦々と遡行、3時間で本流を二分する山スキー沢と出合う。 あまりの順調さに 「このペースならお昼には札内岳に着くんじゃない・・・、そしたら今日中にエサオマンまで行ってしまえるかも・・・」 この時点ではまだ勇ましい言葉が飛び交っていた。 さて1時間ほどは何てことないただのゴーロだったが段差の様な小滝を一つ越えると、 その上にずっと滑が延びていた。おっ!来たか長さん待ってたほいってな感じだ。 この滑はc1450まで標高差400m余りに渡って続いていたのには正直驚いた。 しかも数m〜10m内の滑滝が程よい間隔で現れるのが嬉しい。 何れもフリーで容易に登れるものばかりだが黒光りした岩が滑りそうでお助けロープを二〜三度出した。 滑が終わりc1530で7mの滝を直登したのを最後に早々と水が涸れ、各々2リットルづつザックの重さが増した。

 数m〜10m内の滑滝が程よい間隔で現れるのが嬉しい  容易な滝が殆どだがつるんとした岩で気が抜けない  c1530・7mを直登しザイル出す。このあとすぐ水が涸れた
最終二股を右を選んで早目に陵線に抜けたものの札内岳までの踏み跡が見付からない。 はたして明日エサオマンまでの従走路は健在なのか?と不安になりながら藪漕ぎするとそれらしき路に合流する。 後で分かったが踏み跡は十勝側の10m程下った所にあり、要らぬハイマツ漕ぎをさせてしまった。 おまけに女性二人が顔を虫に刺されてまぶたを腫らし気の毒な限りである。 そんなこんなで漸く札内岳山頂に到着したが日高主陵線には曇が垂れ込めお目当ての展望はなかった。 山頂にはテント一張り分のスペースがあるものの岩が出っ張っていまひとつ快適さに欠け、 記念別沢寄りに少し下がったガレ場を整地してテントを張った。 沢から吹き上がる風が寒くテントの中で登頂祝いを始める。 潤沢なビールとドライフードの肉で作った牛丼が美味かった。 19時過ぎ揃って就寝して23時おしっこに起きるともう寝れない。 一人で静かにビールを飲んでると皆んなも起きてる様子だった。 再び寝入りばなあの地震が・・・突然不気味な地鳴りと共に 突き上げるような揺れ、それに女性の悲鳴が加わり生きた心地がしなかった。 震度1くらいじゃないかと言ったら感覚を疑われてしまう、 浦河で震度5だったと云うから酔っ払ってたのかも知れない。

札内岳山頂から少し下がったガレ場にテントを設営  稜線の踏み跡は健在だったが予想以上に手強かった  エサオマンが近づき一級国道並みの踏み跡に変わる
 8/26 曇り 1時間ほど寝坊して4時過ぎに起きる。 昨日の大変な藪漕ぎを思うとピリカペタヌ沢から降りてしまおうかとも考えたが、 「行こう・行こうエサオマンんに♪行こう・行こうエサオマンんに♪〜」 朝から歌ってるY子さんがやる気満々で言い出せなかった。 どっかで聞いた歌だなと思ったら「トラ〜のパンツは破れない、ララララ〜♪」の歌だった。 行ってもし酷い藪だったら途中から山スキー沢に下ればいいやと、残った酒を全部捨てて出発した。 いきなりテンバから札内岳山頂までのハイマツで消耗し先が思いやられたが、 山頂からは割としっかりした踏み跡が十勝側の草付きに付いて一安心する。 流石に踏み跡が草付きから陵上に移ると潅木やハイマツの枝が煩しかったが、 時々古い鋸目が入ったり何より枝向きが順方向なのがせめてもの救いである。 また折られた枝を見ると年に何人かは歩いてるものと思われた。 時間は掛かりそうだが踏み跡を見失わないようにすれば何とかなるだろうと思ってると、 中程からハイマツの枝向きが逆になってさあ大変、 Tさんが脚を攣って遅れ出した。

未踏の二山を制覇し満足気な3名(エサオマン山頂にて)   滑滝は水が少なく乾いた岩を前向きで下りられる   あまりの暑さに釜に飛び込んだT子、泳ぐ泳ぐ・・
札内岳から約5時間掛かって札内JPに到着、ザックをデポし空身でエサオマントツタベツ岳山頂を目指す。 展望は札内岳〜十勝幌尻岳〜剣山くらいで主陵線はほとんど雲に隠れていたが初ピークを踏んだ3名は満足気な様子である。 北東カールの雪渓から流れる冷たい水で喉を潤し、水の少ないエサオマントツタベツ川の滑滝を下降する。 林道に入ってすぐ今山行で初めて出合った若者二人、こんな遅い時間に何処へ行くの?って感じで別れた。 急ぎ足で車に着いたのは17時近く、すぐ芽室の温泉に直行する。 女性二人はあざだらけの脚と虫刺されの顔に一瞬ギョッとしたらしいが、 そんなこと屁にも思わぬ気丈な性格ゆえ山行を完遂できたと思われる。





















inserted by FC2 system