ペラリ山(再訪)  ペラリヤマ 718m  (新日高町)    ■Home
2015年11月22日 晴れ時々曇り 豊畑−登山道コース 5名
12:25林道→(13:05-13:25)ペラリ山→14:00林道 (登り0:40 下り0:35 休憩含)

ピセナイ山を終えて日が暮れる前に急いでペラリ山(アイヌ語で釣りをする川の意味)に向かいます。 静内川沿いの道道111号を戻って御園に差し掛かると広い牧場の向こうにポコポコした見覚えのある山が見えてきました。 これと言って特徴のない山ですが登山道が開削された2003年のあと友人と二人で天測点目当てに登りに来たことがあります。


以前は登山口までかなり不安な面持ちで来ましたが今日はGPSをナビ代わりにすんなりでした。 kitaさんがたぶん大丈夫じゃない?と言うので林道を進んで何とか登山口まで車で入れました。 40分程の短縮ですがハラハラする道なので時間のある人は下から歩いた方が良いと思います。 さて登山口から急な刈り分けを504ポコに向かって登り、 更に山頂へ続く笹尾根を登って行くと漸く視界が得られ沢向かいに498峰が見えてきます。 ズタズタに伐採された山肌とブル道が痛々しく何とも憐れですがこの山より眺めが良さそうでした。


一旦斜度が緩みそして青空に向かって再び急斜面を登り山頂に到着しました。 ここは天測点がある山でかつ一等三角点「比裸騾山」の山でもありますがカンバに遮られてお世辞にも展望が良いとは言えません。 木の枝越しに日高山脈らしき山影が見えるだけですが反対側には海が光って良い風景が広がっていました。 kitaさんが園児を連れて毎年登った山だそうで、少々展望が悪くても手軽に登れ価値ある一山だと思います。 リニューアルした静内温泉に寄って家路につきました。

<一山目の ピセナイ山 はこちら>




inserted by FC2 system