石ノ沢北西面直登沢〜ニセイチャロマップ岳 (遠軽町)  地図はこちら  ■Home 
2013年9月10日 晴れ時々曇り 北西面直登沢〜ニセイチャロマップ岳〜北尾根 メンバー2名
6:10林道c625→入渓c700→9:05二股c1300→(10:40-11:20)ニセイチャロマップ岳→12:40北尾根1613ポコ→14:55北尾根c980→出渓c770→16:05林道c625

ニセイチャロマップ岳は北大雪主稜線にあるジャンクションピークの通称で、 この山を流れる同名の川(ニセイ・チャラ・オマ・プ 渓谷の・入口・にある・もの)に因んでそう呼ばれている。 この川が石狩川に合流する大函付近には高さ数十メートルの「柱状節理」を見ることができ、それがこの山のアイヌ語由来と思われる。 数年前にニセイチャロマップ川の二俣にテントを張ってこの山と武利岳の二山を計画したが時間の関係でこの山を割愛、 また去年9月に石ノ沢から計画するも悪天による撤退でなかなかピークを踏めないでいた。 その時の石ノ沢は倒木と涸れ滝ばかりでいま一つ気乗りしない沢だったが、 撤退のままでは気が済まないメンバーと共にリベンジすることにした。
(写真左)無類岩山より望むニセイチャロマップ岳


                    



早朝、道の駅「しらたき」から上支湧別地区を目指すがまだ寝ぼけモードで方向はどっち?の状態だった。 「支湧別岳の近くだから・・・」 この一言でピンと来たkaさんの運転でスキー場から上支湧別へ抜けると見覚えのあるパンケ支湧別林道だった。 草が被り出すc625二股に車を止め、前回より手前のc700付近で早々入渓する。 倒木の煩わしさは想定済みだったせいか然程苦にもならず淡々と進んでc750右岸の崩落地を過ぎる。 やがてc850の三股(写真右)に差し掛かると両岸迫って巨岩を積み重ねたような景観に変わった。

         
                    



三俣からは標高差150mほど傾斜のきつい岩稜帯に巨岩の滝4-8mが数個連続する。 普段は全て伏流してると思われるが今回は違っていた。 お湿り程度の涸れ滝8m(写真右)だったものが迫力ある滝(写真左)に変身している! 今夏は雨続きで少し水量が多い気がしたがこれが同じ場所には思えない程の変わり様だった。

         
                    



(写真左)の滝c980・6mも水を勢いよく噴流し、苔生した山水画の趣だったのに全く様相が異なっている。 前回、幾つかの滝は乾いた岩を直登したが今回は大方右岸を巻いた。 そして急な岩稜帯を過ぎると再び平坦で穏やかな流れに戻る。 前に雨が降り出し撤退した辺りだが今日は谷間に青空が望まれ山頂展望が楽しみ! しかも後はだらだらのゴーロかと思ってたら1050mと1060mでくねくねした滑が二つ、 更に4mの小滝(写真右)が現れちょっとワクワクしてくる。

         
                    



そして期待に応えるかの様に緩い滑滝が断続的に現れ、つい頬が緩む。 いつの間にか流木もスッキリし開放的で気分が良いばかりか、 ずっと手前で早々と水を汲んだのが悔やまれるほど水量が戻っている。 ただつるつるに磨かれた岩が滑って帰りが思いやられ、 また水が急に冷たくなって上に雪渓があるのを窺わせた。

         
                    



c1280で4mの滑滝(写真左)を越え、c1300二股を左、続くc1380二股を右に入る。 狭い沢筋には青々とした蕗が生え、所々に熊の食べ残しがあった。 c1530二股を左に取ると前方に何やら白い筋が垣間見える。 遠目にデカそうだったが近づくと3段10mの滑滝で中段が滑り台の様で、 勝手に「白蛇の滝」と名付ける。 簡単そうだったがつるつるして磨り減ったフエルトに辛く、堪らずズルッ〜!突っ張りでようやく登り切る。 滝上からは谷間の向こうに喉かな上支湧別の集落が望まれた。

         
                    



c1650で冷たい水がこんこんと湧き出ていた。 ここは地形図で読めない最終二股で沢筋は右の方が明るいが山頂直登は藪っぽい左だった。 涸れた左を進むと程なく沢形は消えたが適当に潅木があって登り易い。 そして這松が出てきたが呆気なく抜けるとこんもりした頂稜部が目に留まる。(写真右)  酷い藪漕ぎかと思ったがほっとした。

         
                    



直下の急な岩場にコケや高山植物が張り付いてふかふかだ、 ずり落ちないよう小枝を掴んで攀じ登るとピークから僅かに離れた稜線に飛び出した。 やったー!という喜びと共に目を見張る展望に感激する。 背後には色付き始めた稜線の先に尖がった支湧別岳(写真右)が格好良く、 右の支稜には懐かしい無類岩山も望まれた。

         


山頂岩稜は紅葉したウラシマツツジと這松に囲まれ、 登り切るとピークを示す石が積まれていた。 何とも質素で無名峰らしい。 目の前にはどっしりと武利岳が構え、その奥に武華山とライオン岩が望まれる。 日高を想わす細い稜線を目で辿ると形の良い屏風岳が目を引き、 右奥にはなだらかな平山とニセカウの頂稜部が重なっていた。 大雪山は雲が掛かってはっきりしないが9月中旬だというのにまだ雪渓が残り、 このまま万年雪かと思われる。 更に少し離れてトムラウシの相似峰・・・360度の眺望に大満足する。 ぽかぽかした涸れ草の上に寝っころがって静かな山を堪能した。

         


さてそろそろ下山とする。 下降する沢筋を東に一本ずらせばあの「白蛇の滝」を降りなくて済む、 ザイルが要りそうで面倒臭かった。 そんな訳で陵線の這松を分けると枝に鋸目を見付ける。 ただの踏み跡かと思ったが鋸目が頻繁に出てくるので明らかに刈り分け道だと分かる。 「ん!もしかして・・・」すぐにピンときたが、興味が湧いてこのまま辿ってみることにした。 「ところで車に戻れるかな?」「平山まで繋がってたりして・・・」 山頂で水を捨ててしまったのでちょっと不安だったが稜線1730ポコから北尾根を下り出したので一先ずホットする。
(写真上)稜線1730ポコから眺めるニセイチャロマップ岳(左)−武利岳(中央)−武華山(右)、 なかなか良い感じで連なっている。

         
                    



岩稜の目立つ北尾根に付けられた道はだんだん怪しくなって行きつ戻りつを繰り返す。 名残惜しくニセイチャロマップ岳を振り返るが、次第にそんな余裕も無くなる。 素直に沢をピストンすれば良かったが「時すでに遅し」、右は崖斜面で安易に下れない。 時々倒木が塞いでは藪を漕ぐと諦めかけた頃に再び道が出てくる。 そんなこんなでc1250くらいまで我慢すると漸く尾根がスッキリし出した。(写真左)  どうやら元々は造林道だったようでこれでどうにか戻れると思ったら再び倒木で道を失う。 いい加減、厭気が差して沢に下ったら、車まで割とすぐだった。 後で知ったが「やはり10年前に○○さんが刈り分けた道」で林道まで延びてるとのこと。 心地良い疲労感に浸りながら車を発進させて程なくクッキリした虹に思わずカメラを出した。

         










































inserted by FC2 system