迷沢山(上平沢林道コース) 1005m(道央)山スキー 地図はこちら ■Home
2004年12月下旬 曇:雪  総時間3.20(休憩含) 標高差595m 片道5.9km
林道入口920→山頂(1150-1220)→林道入口1310


定山渓ダムの四ツ峰トンネルを2kmほど過ぎると登山口の上平沢林道だがすぐ手前に迷沢川林道があるので一応確認する。 荒天予報にも拘らず車が一台止まってトレースがありラッキーだった! (駐車スペースは二台分しかないが数百m手前のダム寄りに広い駐車スペースがある)  Kさん先頭だがとても早いペースですぐ汗だくになる。後ろのGさんもシャツ一枚で湯気を出して歩いている。 平坦な林道ばかりで面白くないので途中の曲がりくねった部分をショートカットし急斜面をどんどん登る。 二本目の送電線で先行二名に追いつき30cmラッセルを交代で進む。 この辺から地図上の林道はかなり誤って記されているが広く真っ直ぐな道が山頂まで延びていた。 (標高960m付近から林道を離れ山頂を目指すとよい) こんもり丸い山頂は横殴りの雪で堪らず風下に陣取るが寒く30分で早々に退散する。 帰りは来た林道を下るがほんの少しの積雪でスキーが止ってしまうほど平坦である。 しかし短時間で迷わず行けるお手軽なコースだった。


迷沢山(旧送電線コ−ス)

2003年1月下旬 小雪  総時間4.15 標高差747m(累積)927m 往路6.5km
平和の滝登山口→(2.00)尾根→(1.30)迷沢山→(1.15)平和の滝登山口

平和の滝駐車場に8時前に着くと既に満杯で後から来た車は狭い道路に寄せて止めていた。 天気予報は高気圧の張出しでピーカンのはずだったが何故か曇り空である。 気温が高く重い膝下のラッセルで出発する。 林道を送電線下で別れ発寒川のスノーブリッジを渡ると急斜面が待ち構え深いラッセルで全身汗だくになった。 この深雪を滑降すると思うと登る前からうんざりさせられる。 稜線まではほぼ旧送電線下を辿ってルートが分かり易くきつい傾斜も少ないが距離が結構ある。 尾根は平坦でとても静寂な雰囲気だ。 前方の緩やかな斜面の先に一段小高い丘がありこれを登り切ると小さな山頂標識が掛けられていた。 風の当たらない場所にツェルトを張り小一時間ほど休憩して下山する。 上部の雪はパフパフの手付かずで最高に気持ち良い。 鞍部から斜面まで再びシールを付ねばならず少し面倒だ。 ようやく青空が見え手稲山の電波塔群が見える。 雪質は次第に重くなり足を取られ何度も転倒したが送電線下は樹木が少なく好斜面である。 林道はほとんど平坦だが車まで一気に滑り降りあっと言う間だった。



inserted by FC2 system