天狗岳 残雪期 スキー(増毛山塊) 973.0m  地図はこちら  ■Home
2008年4月中旬 登り4:50 下り2:16 メンバー2名
旧国道7:55→天狗岳(12:35-12:50)→旧国道14:40(休憩含)

「天狗」と付く山は道内あちこちにあるが増毛天狗岳は雄冬山に登るとすぐ北に見える山がそれである。 およそ天狗と言い難い山容なのはともかくこの山にはかつて増毛山道と呼ばれた道があったというから驚きである。 何年か前に山道を歩く募集ツアーの広告を見て初めてその存在を知った。 山には悪いが今回は初山を登る以上にこの道の方が気になってしょうがない。

雪が全く無い!スキーを背負ってるのが場違いのようだ  尾根に登って振返る、白く山道の道筋が分かる    右側の増毛山道に建つ電柱沿いに・683ポコへ向う

すっかり寝坊してしまい相方に謝りつつ断崖とトンネルが連続する海沿いの国道をぶっ飛ばした。 大別苅トンネルを抜けた数十m先に脇道を見つけ下りてみると国道から目に付かず車上荒らしの心配がなさそうである。 身支度を始めるとトンネル口の駐車帯に停まってる車からザックを背負った2名がワカンをぶら提げ出発して行った。 おや!こんなマイナーな山に入るとは・・昨日登ったHYMLのABちゃんから流れたメールでも見てやってきたのだろうか?
朝から気温が高くザックにスキーを固定してアスファルトの出た旧国道を出発した。 山の斜面に雪は乏しく路肩にはカタクリとキクザキイチゲが盛りと咲いている。 昨日は800m程歩けばスキーが使えるとのことだったが一気に雪解けが進んだのか1.5kmで漸く雪が現れた。 一まずホットしてスキーに履き替えると先行した男女が戻ってくるではないか?どうしたのか尋ねると 「ツボだとこの暑さじゃ帰り雪が腐って大変だから止めました。スキーは車に積んで来たのだが・・」 「ワカンがあれば大丈夫じゃないですか?」と言ってみたが早々と諦め帰ってしまった。 確かに昨日のツボ跡も大方消え道脇には雪解水が流れて林道の雪が消える毎にスキーを脱いだ。 まだ4月だというのにこの暑さは何だろう?シャツは汗でぐっしょり濡れ、膨らんだネコヤナギの芽からは早々と葉っぱが出ていた。
c460で林道はT字に分かれツボ跡は右へ延びてるが「増毛山道」をお目当てに左へ進みその少し先で右折し道なりに登った。 この尾根の上はかつて・632御内(ポンナイ)と呼ばれた駅逓跡だが先が長いので寄らずに進むことにした。 コルで林道と別れるといきなり視界が開け暑寒別岳から群別岳までの展望が素晴らしい! 暑寒別岳のすぐ右に重なる西暑寒別岳と中ノ沢岳が印象的である。 ダケカンバを縫うように尾根を登っていくと朽ちた電柱が目に留まり漸く山道に出たようだ。 電柱は送電に使った物かと思ったが柱上の碍子から電信柱であり2つのポコ・676〜・683を越えて天狗の尾根c650まで次々と建っていた。 山道には既に潅木が生い茂り電柱でも無ければ何処が道なのかさっぱり分からない状態だが高みから見下ろすとしっかりした道の跡が続いている。
     
この道を幾人が如何様な目的で通ったことだろう    ようやく着いた「天狗岳」山頂!あ〜長かった    林道には白と青のキクザキイチゲが一杯咲いていた
調べると「増毛山道」は今から200年以上も前に別苅と幌の集落を結ぶため断崖の日本海を迂回すように切り開いた28kmの道と云うから驚きである。 ルートは、別苅の集落→・632御内(ポンナイ駅逓)→天狗岳の南を巻き→武好(ブヨシ駅逓)→・708→雄冬山→浜益御殿(駅逓)→・533大阪山→幌の集落  と続き標高は1000mを越えている。 今日はその僅か何分の一かを歩いたに過ぎないが昔の旅人の苦労を偲ばせるには十分な気がしました。
天狗岳のコルを過ぎ尾根に差し掛かると沢沿いの林道から登ってきたツボ跡と再び合流した。 広く緩い尾根を登って行くと雄冬山と真っ白な浜益岳も姿を現し増毛山塊が一望の元に見渡せる。 右に目を移すと・853大天狗岳が黒い岩肌を現していた。 疲れが出て思った以上に尾根が長く感じる。 最上部のポコを右から巻くとようやく尖った山頂ピークが見えツボ跡は一番急な斜面を直登していた。 回り込んで三角点のある山頂に立つと何ともっと奥に高い山があるではないか? 地図を見ると今いるのは・938ピークで天狗岳では無かった〜体から力が抜け顔を見合わせ笑うしかない。 帰りの時間が気になるが此処まで来て引き返す訳にもいかず飛び出たハイ松を避けながら急いで緑の頂を目指した。 15分程で平べったくも一段高い頂に着きハイ松の中にテープを見つけホットした気分になる。 ここも遮る物のない眺めだが周りの山々は薄ぼんやり霞んでしまった。 山道が続く雄冬山への道のりは遠く昔の人というのは本当に偉いものだと感心する。 シールを外し・938ピークを巻くまで登り返しの無いようにルートに気を遣うと後は緩斜面の尾根を楽しく滑ってコルから沢に降りた。 沢沿いの林道は平らで思うように滑らないがc460からはそれなりにスピードが出る。 雪さえ繋がっていればゲートまで一気に行けたのに・・再び林道を歩くのが辛かった。


inserted by FC2 system