駒ケ岳(剣ケ峯〜砂原岳〜墨田盛) 1131m・1113m・892m (森町・七飯町)  ■Home
2015年9月23日 晴れ 駒ヶ岳コース  メンバー3名
5:55六合目駐車場→6:45馬ノ背900m→(7:25-7:35)剣ケ峰→(9:00-9:20)砂原岳→10:15墨田盛→10:55六合目駐車場 休憩含む

五連休の最終日は道南の秀峰、駒ケ岳の予定です。 砂原岳が未踏なので単発でと思っていたが先日アバレ沢をご一緒した函館のSAさんから剣ヶ峯の話を聞き気になっていました。 調べるとなるほど規制緩和の動きが出たのか登っている記録が幾つか出てきます。 おおっぴらには登れないのでこっ早く末踏のピークを廻ることにしました。
                    


大沼から望む駒ケ岳は新日本三景に選定され、美しく絵になる風景である。 一方、森町からは剣ヶ峯と砂原岳が兜の角をなし荒々しく男性的な姿に変わる。 真ん中の凹みは三百数十年前の大爆発で吹き飛んだ部分だが元々は1700mもある端正な富士形山だったと言うから驚きである。          
                    


大急ぎでテントを撤収しキャンプ場を出発、コンビニで腹ごしらえして登山口に着いたらまだ一台も止まっていない。 看板の注意書きには「9時から15時までの入山、立ち入りは馬ノ背まで」と書かれているが 「自主規制だからオッケーでしょう」と都合良く解釈してザレの登山道を登ってゆく。
         
         
         
そして馬ノ背に到着、雲一つない空に剣ヶ峯と砂原岳が望まれ気が逸ります。 ところが聳え立つ岩峰を前にnoriちゃんがリタイアの宣言、 何かあったらいい笑い者になるだけに無理強いもできず、噴火と怪我の無いこと祈りながら二人でロープを越えました。          
                    


昔の登山路を辿ると剣ヶ峯が近づき、踏み跡が真ん中のルンゼに延びていた。 落石に気を付けながら草付きの岩陵を登ってゆくと、 頂陵まであと十数m、4級の登りって感じの所にザイルが中途半端に引き上げられて残置されていた。 ザイルを下まで垂らさないのは誰でも容易に登れないようにする為だろうか? とりあえずこれを使って登り、再び元の状態に戻しました。          
                    


頂陵の両側は崖だがそれなりに幅があって一安心、一番高い岩塔へはクライミングの装備なしでは無理なので数m低いぎりぎりを山頂とします。 剣ヶ峯は初ピークであの尖がりの上に立っていると思うと気分爽快、眺めも良いです。          
         
         
森町と内浦湾(噴火湾)が見えます。噴火湾と言うのは駒ケ岳があるから付けられた名前だと今更ながら気が付きました。 大噴火した時には対岸の有珠の住民が数百人も津波で亡くなったそうです。          
         
         
火口原と墨田盛、海沿いの町は鹿部町です。大沼と山頂ドームのある横津岳 、更に函館山も見えていますが少し靄って写真だとはっきりしません。
         
         
         
向かう砂原岳(アイヌ語でサラキ 荻)のピークは真ん中にあります。 かなり深そうな噴火口が見え、昔は小さな噴煙が上がっていたと思うのですが勘違いでしょうか。 剣ヶ峯の先は割と下り易く、少し遠回りでもここから登った方が安全だったようです。          
                    


砂原岳のコルに登って、先に稜線の西端まで行ってみることにしました。 ビックリしたのは斜面一帯(特に北斜面)がふかふかしたコケに覆われていることでした。 折角なので稜線の一番奥の岩に登って記念写真に納まります。
         
         
         
砂原岳西端からの眺め。 木の無い殺伐とした風景の中に剣ヶ峯が聳えてなかなか格好良い。 墨田盛の手前には噴火口と深く刻まれたV字谷が不気味に沈黙を続けていました。
         
         
         
噴火湾の眺めです。クリアな視界であれば対岸まで40km程なので室蘭岳や有珠山、羊蹄山などが良く見える筈です。 道南の山々の同定は難しく、乙部岳や雄鉾岳、遊楽部岳などが見えてると思いますがどれがどれだか定かでありません。          
                    


戻って砂原岳の山頂に到着、一等三角点がゲット出来て嬉しい〜。 剣ヶ峰より落ち着くせいか展望が楽しめ、暫し休憩します。 眺望の霞む東端は割愛したが10分位なので行けば良かったと後になって後悔です。          
                    


さて墨田盛に向かって広い火口原を下ってゆきます。 見晴らしが良く割と歩き易いのでルートはかなりアバウトですが火口とV字溝には近づかない様にしました。 荒涼とした風景に目が慣れ、また時々昔の登山道の道標などが出てきて恐怖感は全くありませんが監視されているかも? と気になります。
         
         
         
剣ヶ峰の横を通ると登ったルンゼと恐竜の背のような頂稜の様子が良く分かります。 大沼方面からは縦に重なるのでピークが尖って見える訳です。 ちなみに墨田盛は馬が寝そべったお尻の辺りにあります。          
                    


墨田盛のピークには三等三角点と立派な山頂標識が立っていました。 二日前に登った岩木山の周囲にも「盛」の付いた小山が幾つかありましたが「墨田」はアイヌ語でしょうか?不詳です。 ここからは大沼がぐっと近づき、また剣ヶ峰と砂原岳が外輪山のような形に見えます。
         
         
         
快晴の下、ぐるっと廻れて願いが叶いました。 特に子供の頃によく眺めたあのピークに立てたことが自分には大満足です。 noriちゃんは誰も居ない馬ノ背で暫く日向ぼっこをしていたとか、駐車場に戻るとテントを干してくれていました。 天気に恵まれた楽しい東北の山旅を終えて家路につきます。
         
<昨日の 北八甲田・小滝沢遡行 はこちら>






inserted by FC2 system