神威岳〜ソエマツ岳〜ピリカヌプリ〜トヨニ岳  残雪期縦走   ■Home
 1600m〜1625m〜1631m〜1493m (南日高) 
2009年5月上旬 メンバー2名
5/3 曇り 神威山荘6:40→尾根取付き9:30→P1520C1・13:05
5/4 曇り C1・5:20→神威岳5:35→ソエマツ岳12:10→P1471C2・15:05
5/5 曇り C2・5:25→ピリカヌプリ6:45→トヨニ岳北峰10:20→トヨニ岳11:10→P1268・14:30→野塚トンネル北口15:20

日高山脈の主稜線を繋ぎたいと毎年少しずつ歩いてきたがハードルの高い区間ばかりが残ってしまった。 凡そ単独で行ける山域ではないので相手を見つけなければならないがこれが結構大変である。 そもそも日高を繋げようと考えている人などそうざらにいないし、 一度縦走を終えた人はそう易々と付き合ってはくれない。 さて今年のGWは如何しよう?と考えているとSさんから「また一緒にやらないか?」とお誘いが掛かり二つ返事でOKを出した。 所属する山岳会は異なるが以前GWにカムエクからコイカクまで縦走しお互いの力量を知ってるから余計な心配が要らない。 さて今回のルートを決める段になって神威岳〜ソエマツ間をピストンするかトヨニ岳へ一気に抜けるかずいぶん迷った。 私は既に中間のソエマツからピリカヌプリが終わって相手はピリカヌプリ〜トヨニが終わっていると言う。 早い話がお互い一番厄介な神威岳〜ソエマツ岳を残している訳で折衷案を取れば神威岳からトヨニ岳へ抜けるのが一番だった。 だが十分な日程を確保できないのが悩みでぎりぎり迷った末に話が落ち着く。 思えば名峰と呼ばれる南日高三山の神威岳、ソエマツ岳、ピリカヌプリを歩く贅沢な山旅だが日高一級の難コースでもあり想像するだけで気が昂ぶる。


雰囲気の変わった山荘周辺と雪が気になる山々    一旦は雪で埋まった沢が上流で再び開けてしまった   神威岳でC1、雪は十分だがいつも天気と相性が悪い

5/3 曇り 
神威橋を渡ると3kmでゲートで車の進入はストップ、ここから14km辿ると山荘である。 数日前のドカ雪はこの陽気で微塵もなく消え、代わりに美味しそうなコゴミが路肩一杯に芽を出していた。 山の奥に進むほど伐採が進んですっかり景観の変わった様に驚かされるが特に対岸の虎刈りされた山肌が痛々しい。 暫くすると山あいに中ノ岳の鋭鋒が聳えそれに代わってニシュオマナイ岳が現れると道の先に懐かしい山荘を見つけほっとした。 さて私は徒渉用の地下足袋を忘れてしまったがすこし先を流れる川はすっかり夏の様相を見せていた。 ズボンを捲くり裸足で入ろうとすると先に渡ったSさんが沢足袋を放り投げてくれた。 水に入ったとたん冷たさが突き上げたが腿まで達する流れに転ばぬよう必死である。 渡り終えても暫く足が痺れて止まないがやれやれ第一関門は無事突破である。 沢沿いの道を進むSさんのひょこひょこした足取りが速く遅れず付いて行く。 ザックは同じ位い重い筈で小柄な体の何処にこんなエネルギーがあるのか不思議だ。 予定ではそろそろ左岸に渡って・885のコルへ登りあとは・1250の尾根通しにP1475辺りでC1の筈だった。 だがこの雪の状態を見れば夏尾根を登った方が良いのは明らかでc440二股を暗黙の了解で通過した。 それにしてもこんなに徒渉が多かったかな?今まで何とか靴を濡らさず渡ってきたが一度水に浸かってしまうと気が楽になった。 沢はc600mを過ぎると雪が埋まって快適な歩みが続き昨日の消えかけた足跡に倣って夏尾根に取付いた。 思ったより雪が張り付いてるのは過日の大雪のせいだろう。 たまにクラックが入り笹が出てたりするが状態が良くてありがたい。 それにしても過酷とも言える急登とキックステップの連続に足が泣いている。 しかもガスでどんどん視界が悪く、風の当たらぬ斜面を選んで標高を上げるが雨まで降り出しては急いでテント場を探さなければならない。 たしか良い場所があった筈だ、記憶を頼りに登っていくと山頂まであと100mの陵線に緩斜面があり昨日のテント跡が残っていた。 もし晴れていれば中岳やペテガリ岳が見える絶好の場所なのだが明日に期待するしかない。 テントの中で一杯やりながらびしょ濡れのズボンや衣類を吊るすと数時間でからからに乾いてくれた。 軽量化のためビール1缶とウィスキー1本しか持ってこなかったが予備日に入ったら酒が足りないなぁー、 そんな心配など全く無用なSさんが羨ましい。 ビールを提供するとたちまち寝息を立てていた。 主陵線はどこもアンテナ3本、ラジオの感度も抜群で日ハムの試合が延長に入り稲葉のサヨナラホームランで酒の量が一気に減った。 お米を焚きマカロニを茹でた汁でシチュウーを作ったらこくが出て美味しかった。 食べ終えてからシチュウーに入れる肉と野菜の包みがザックからひょっこり出てきたがもう遅い。 夏用シェラフのせいか夜中は寒くて何度か目が覚めた。


 展望は今回もお預け,いよいよ核心部の領域へ   C2からすっかり青空の広がったピリカヌプリを望む   ソエマツ岳も茜色のシルエットに染まっていく

5/4 曇り
視界は終日30m-50mのホワイトアウトで朝から風が強かった。 1日前の先行者はペテガリ岳へ向ったのか足跡が無くなってちょっと寂しい。 さていよいよ核心部の陵線だが神威岳の山頂からいきなり先の見えない細尾根の急降下が怖い。 本当にやばい所にきてしまったという実感が湧いたがもう帰るには遅くアイゼンとピッケルだけが頼りだった。 そうかと思うと無限に思える登りに眩暈がする。 更に歩幅、靴幅のリッジが頻繁に現れ神経が磨り減った。 リッジを歩いてる最中に突然後ろのSさんがもんどり打って転び一瞬心臓が止った。 どうやらアイゼンの刃を枝に引っ掛けたようだ。 ガスで谷底は見えないが両サイドどちらに転んでも間違いなくあの世行きである。 普段は疎かにしているご先祖様にどうかご加護がありますようにと願う。 また気をつけてはいたが2回もルートミスをし、何れも降る先が崖になったので気が付いた。 ガス中とは言え山脈は一本の陵線という思い込みがあったのかも知れない。 そんなこんなでソエマツ岳まで5時間を見込んでいたが7時間も掛かりヘトヘトである。 折角の山頂も寒くて居た堪れずすぐさまピリカヌプリに向って歩き出した。 暫くするとガスが薄れいきなり日高らしい景観が現れ二人して感嘆の声を上げた。 それと同時に足元の崖も顕わになってこんな所を歩いてきたのかと身が縮む。 おまけにヌビナイ川から吹き上げる強風に吹き飛ばされそうだ。 それでも陵線は神威岳〜ソエマツ間より歩き易く予定のペースは取り戻せそうである。 この分だとピリカヌプリを越えれるかも、  私は少しでも先に歩を進めたかったがSさんが早々とテントを張ろうと言い出す。 この風ではピリカ山頂にテントを張るのは止めた方が良いとの意見に従いP1471の手前を今晩のお宿とした。 いつの間にかすっかり雲が取れ夕日に染まるピリカヌプリが美しい。  今日の食当はSさんの番だが「すまない、下界に鍋ごと米とカレーの材料を忘れてきた」と言う。 「えーっ」絶句して言葉も出なかった。 昨日の余りご飯をおかゆにして塩と持ち合わせのスープなどを入れて分け合った。 「ん、いける」家では絶対食う気になれないが山では美味しく頂けるものである。 いつも大量に余るパンや食料だが今回は全て完食し予備食の有り難味が分る。 今日も日ハムが連勝したのはいいが遂に酒が尽き明日は何としても下山しなければならない。


  ピリカ山頂、天気は南日高三山全てに見放された トヨニ山頂で視界が戻る、前にピラミダルな山々が並ぶ 最後の登りが堪えた、後のトヨニもなかなか格好良い

5/5 曇り
今朝もホワイトアウトの出発だがピリカヌプリまでだらだらした200mの登りが辛かった。 山頂は寒くて頭の出た石杭と倒れた標木に並んで写真を撮ったら即下山である。 下降は急だか陵線は丸みを帯びハイマツを掴んで下降する。 一方右は人を寄せ付けぬ断崖が強烈な落ち込みを見せていた。 ハイ松の出た陵上にはシカ道が延び概ね雪渓も続いて南に行くほど順調にペースが上がる。 途中でピリカヌプリを目指すガイドパーティーとすれ違ってからは抜かる回数も減り大助かりである。 広い雪稜に張られたテントは更にもう一泊すると言っていた彼らの物だが明日から天気が悪化するはずである。 途中の小ピーク1512の長い登りに耐えるとそこからあっけなくトヨニ北峰に辿り着いた。 この先には結構な足跡がついてトヨニ岳までそれなりに人がきたようだ。 南峰を過ぎ雪はいいだけ腐ってしまったが天気が良くなって野塚岳やオムシャヌプリのピラミダルな山容を堪能する。 トンネル北口へ降る下降尾根にデポ旗が立っていたが少し先の1268Pまで付き合ってもらった。 この間は私だけが未踏部として残っていたもので最後の急登が倍以上の登りに感じた。 ああこれで楽古岳から神威岳までひとまず繋がった。久々にきつい山行だったが充実感と達成感で一杯である。 次に神威岳からペテガリを終えればいよいよ日勝峠までの主稜線が全部繋がる・・トンネルへ下りながら想いは早くも来年のGWに飛んでいた。

<2011 神威岳〜ペテガリ岳 日高山脈縦走 はこちら>

inserted by FC2 system