神威岳〜中ノ岳〜ペテガリ岳 1600m・1519m・1736m (南日高) 残雪期 ツボ  ■Home
 2011年5月上旬 ニシュオマナイ川ルート 主陵線縦走 メンバー5名
 5/2 19:00札幌出発→21:00三石道駅C0
 5/3 4:30C0→5:50林道ゲート→9:35神威山荘→13:40尾根取付き→16:15神威岳1200mC1
 5/4 6:20C1→7:50神威岳分岐→11:10ニシュオマナイ岳→15:00中ノ岳手前c1350mC2
 5/5 6:10C2→6:50中ノ岳→12:35ペテガリ岳分岐→14:15ペテガリ岳→17:00西尾根c1100mC3
 5/6 5:25C3→10:30ペテガリ山荘→14:55神威山荘→18:10林道ゲート

日勝峠から楽古岳まで120kmあまり、日高主陵線をこつこつ繋いできたが最後に厄介なペテガリ岳〜神威岳が残ってしまった。 ここは日高縦走の核心で去年大手を賭けたものの強風で敗退、今回は休暇が長く取れ余裕を持ってのリベンジである。 日高を繋ぐ山行は主にGW等を利用し6年間で20回(内4回敗退)を数え、重複したり細切れだったりと効率悪いが今回で完遂したいと思っている。 特に林道歩きと渡渉がある神威岳を3年連続で通えばもういい加減うんざりと言うのが本音である。

 5/2N 雨後曇り  GWなのにぱっとしない天気が続く、出発から雨でやな感じだったが高速道の途中で止んでくれた。 三石の道駅で2名と合流、風が強く明日からの山行が案じられる。 車の間にテントを挟んでC0するがGWのせいか一晩中車の出入が多く煩かった。

5/3 車の窓からピンク色に染まる山並み,二つ目神威岳  5/3 林道を3時間以上歩いて漸く神威岳が姿を現した  5/3 神威岳c1200のテンバから望むニシュオマナイ岳

 5/3 晴れ時々曇り  4時起床し元浦川へ移動、神威橋を3kmほど過ぎた林道ゲートを出発する。室蘭ナンバーの車が2台止って、もしや我々と同じ予定かと期待したが 足跡が無く?縦走下山用にデポした車だと分かる。林道には小規模な落石が何箇所かあったが去年のような残雪は無く早く着きそうだった。 途中でコザクラに慰められ、歩いて3時間ほどすると前方にニシュオマナイ岳の鋭鋒が望まれる。 やがて神威岳にすり替わると伐採された殺風景な中に漸く神威山荘が見えてきた。おや煙突から煙が上がってるぞ? 小屋では苫小牧の女性が一人で下山する仲間を待っていた。 昨日の風雨の中を出迎えのご馳走とお酒を担いで来たと言うから情の篤い人である。 話では昨日のニシュオマナイ川は増水し会のメンバーが降りてきても渡れなかったのではないかとのことだった。 幸い今は雪解けで水量が多いものの徒渉に問題はなく彼女に見送られ、沢足袋、素足など様々なスタイルで渡った。 ゴミ袋を重ねて渡った私は上から浸水しズボンを濡らした。 今年はc700近くまで沢に雪がなく必然的に徒渉回数が多くなって時間が掛かった。 750mで標高尾根に取り付くと雪の下の笹が滑って苦労する。 3泊分の装備を分担したザックがずしりと重く我慢のしどころである。 そして程なくトンネルから縦走して来たパーティーの声が聞こえ、 「おーい!彼女待ってるぞー」と呼びかけると一本隣の尾根から返事が返ってきた。 テン場を1200mまで上げると去年よりニシュオマナイ岳が黒ずんで見えたが夕日に 照らされそれなりに美しい。予定通りの進捗と旨い野菜鍋、それに酒とつまみが豊富で楽しい晩だった。 ところがラジオで雨予報を聴いてガッカリする。どうせ明日は停滞だろうとふて酒し、寝込んでしまった。 夜中に酷い寒さで目が覚め慌てて寝袋に入ったが風邪を引いた様である。


5/4 ニシュオマナイ岳から中ノ岳へトンガリ群を行く  5/4 歩幅リッジを慎重に進む、絶対に落ちてはいけない  5/5 中ノ岳手前のC2を出発、ガスが晴れ青空が広がる  

 5/4 曇り時々雪  起きると20cmの新雪が積もっていた。 朝方は山並みも見えていたがすぐ視界100m程のガスになり、雨になったら停滞覚悟で出発する。 神威岳JPを下降して主陵線へ移るとき両側の深い谷が目に入って厭らしい。 新たに加わったメンバーから「降りるの無理じゃない?」の言葉も聞こえるがピッケルで雪庇を崩して下る。 程なく去年の撤退箇所を通過、未踏の陵線に不安と興奮を覚えた。 細い陵上を辿るとトンガリコーンみたいな大小の突起に威圧される。 先頭を行くと特に神経を擦り減らすが不撤退の覚悟で越えて行く。 振り返ってもぎょっとする景観でもう戻るのも厭だった。 初ピークのニシュオマナイ岳1493mは生憎のガスだが心配した雨の代わりに雪で、何より風が無く幸いである。 中ノ岳へ向う途中にもトンガリが待ち伏せ、中には八剣山みたいなのもあった。 そして山頂手前の肩にテントが一つ張ってあり予定に届かないがC2とした。 中から話し声がするので声を掛けたが顔を見せず随分素っ気ないパーティーである。 ただツボ跡は我々と逆向きに縦走しており明日はお互い少し楽できそうだった。 今日もたっぷり濡れた衣類をテントの中で物干しする。 5人の臭気がミックスされて強烈だと思うが匂わない鼻に生んでくれた親に感謝する。 米を焚きマーボナス丼を食べ9時就寝、軽量化の積りだったペラペラの寝袋が寒くて仇になった。


5/5 中ノ岳にて、ニシュオマナイ岳からの稜線を振り返る 5/5 中ノ岳にて、中日高の一大パノラマをバックに  5/5 ピラミダルなペテガリ岳に1839等が続いて壮大だ

 5/5 晴れ後曇り  起きるとガスだったがみるみる晴れてきた。 中ノ岳に登りながら、また山頂で南日高山脈の大パノラマに感動する。 十勝岳〜ピリカヌプリ〜ソエマツ岳〜神威岳〜ニシュオマナイ岳〜ペテガリ岳〜1839〜コイカクまで、雪化粧した白い山脈が朝陽に輝いていた。 本当に来て良かったと思える瞬間である。 対面のピラミダルなペテガリ岳まで陵線が弧を描き意外に近く感じられた。 そして中ノ岳山頂から急斜面を下ると再びトンガリが待ち受ける。 昨日のパーティーのツボ跡を辿って今日はY子さんが積極的である。 途中で代ってと言いながら目をキラキラさせそのまま長い細尾根に入った。 東側が雪庇になりツボ跡は必要以上に稜上を避け西側の急斜面を伝っていた。 険しいペテガリ沢を足下に見ながらピッケルを突き刺しアイゼン団子に気を遣いながら一歩づつと言う感じとても疲れる。 そんなこんなで近そうに見えたペテガリ岳だったが1469mからの陵線通過に時間を使い、いつの間にか山はすっかりガスに覆われてしまった。 ペテガリJPに着くとポンヤオロからペテガリ岳方向に別のツボ跡が延びていた。 後で入山ポストを見て分かったがもう1パーティー神威岳に登っていたから結局、GW期間中この山域に入ったのは4パーティーで近年まれにみる大賑わいである。 そしてペテガリ岳がいよいよ近づき雪の中から飛び出した三角点にタッチする。 こつこつ延ばした日高山脈主陵線が遂に繋がって感無量である。 しかも幾度か縦走を共にしたSさんも同時にフィニッシュし嬉しい限りだ。 メンバーが「日高山脈縦走おめでとう2011.5.5」と印刷した紙を用意してくれた。 記念写真を撮ったら長居は無用、コンパスを西尾根に定め下降する。 夏に二度登っているが記憶が曖昧で神威岳や中ノ岳のような急な下りをイメージしたが拍子抜けするほど淡々としていた。 アイゼンを外し広い無木立の斜面を下るといよいよ登り返しが始まる。 雪の西尾根を登る人などいる筈もなく標識を見掛けない。 幾度かルートミスしそうになるはズボズボ埋まるはで一向にペースが上がらない。 暖かなペテガリ山荘で安着祝いをしたかったが時間切れ確実である。 尾根の半分程の所で再び右にルートを外しかけるとたまたま広く平坦な谷形がありC3とした。 風が無く穏やかな場所だったがまた寒い夜を我慢した。


5/5 青空の元で快調に中ノ岳からペテガリ岳へ向う  5/5 あっと言う間にガス、狭く長い陵線が待っていた 5/5 ペテガリ岳まで繋いで念願の日高縦走を完遂する

 5/6 晴れ後曇り  3時半にベルが鳴る。まだ寝袋の中に居たいがぐずぐずしていられない。 外に出たメンバーが「良い天気だわ、1839が見える、ペテガリも」と言うなり一同ぞろぞろ外に出て撮影会が始まった。 今朝は-6度、雪が締まりアイゼン無しで快調なスタートだったが尾根に出たとたんズボっときた。 まだポコの登り返しが3つも4つもありペテガリ山荘まで結構時間が掛かりそうだ。 更に神威山荘までの尾根越しと、最後の林道歩きを考えれば今晩家の布団で寝れるのは五分五分である。 尾根からの展望はすこぶる良く雲一つない青空の下にペテガリ岳とルベツネ山、1839が見え、更に中ノ岳の陰から神威岳が見え始めた。 我ながらよく歩いたもんだと感慨に耽る。 疲れたところにTさんのカルピスシャーベットは最高だ。 1000mを下ると早くも雪が乏しく笹薮の中の夏道を辿るが途中、残雪や笹が倒れてルートを失い30-40分ロスしてペテガリ山荘に到着する。 小屋の周辺には雪の欠片も無く早くもダニが、一番好かれたTさんには10匹付いていた。 ベッピリガイ沢の林道に残雪が無かったのは予想外で沢の渡渉は石伝いにポンポン越える。 神威山荘へ戻る峠に少しだけ雪渓が残っていたが久々に沢登りしてるようで退屈しなかった。 再びニシュオマナイ川とご対面、男3人は面倒臭いので靴のままじゃぶじゃぶ徒渉したが大失敗だった。 その後の林道歩きでSさんは靴ずれで靴下を真っ赤に染め、Tさんは大きなマメを2コ作り、私は親指の爪を駄目にした。 日没ぎりぎりに到着しハードな山行を終えた。 


5/6 西尾根のテンバC3から1839、絶好のロケーション  5/6 中ノ岳からベッピリガイ山の支尾根と神威岳   5/6 ペテガリ山頂から7時間50分掛かって到着した 

<大きな写真はこちらからどうぞ>
<2010 神威岳〜ペテガリ岳、縦走敗退はこちら>
<2009 神威岳〜ソエマツ岳〜ピリカヌプリ〜トヨニ岳 はこちら>


inserted by FC2 system