百松沢山・南峰 宮城沢ルート 山スキー(道央)1038.1m・1043m  ■Home
2003年2月  晴れ  登り3.45 下り1.35 総時間5.20 片道6.6km 累積標高差891m
登山口→(0.55)357分岐→(2.30)百松沢山頂→(0.20)南峰山頂(2.00)→(0.15)百松沢山頂→(1.20)登山口
宮城沢林道500m付近            尾根へ上る、20分程の辛抱で山頂である      開けた稜線で源八沢川ルート合流する
西野右股どん詰まりにある平和霊園のヘアピン手前に駐車するがダンプが良く通るので注意して停めなくてはいけない。 天気が良く無風で気温は+5℃と高めである。
林道を10分ほど行った所に朽ちた橋が架かっていた筈だがスノーブリッジが出来て難無く渡れた。 (今は鉄パイプで補強されている)  更にスノーブリッジを2-3ケ所渡り1時間程で357m二股を左へ進む。 暫く行くと足元に人がすっぽり入る程の深い穴があって不気味だった。 小木が生え既に林道の雰囲気が無くなるc540付近で一旦小尾根へルートを取るがそのまま沢沿いに行っても再び合流する。 帰りはこの辺りは枝を避けながらの滑りで一番難儀した。
沢形からc800で尾根に入ると急登となるが冬山の雰囲気がぐっと出てくる。 雪を抱いたエゾ松・トド松の針葉樹と青空のコントラストが美しく滑りも楽しめる場所である。 最後に開けた斜面を登り切ると源八郎沢コ−スと合流し百松山頂へ至った。 雪庇の下で腹ごしらえしてると十数人のワカンとスノーシュー軍団が到着し賑やかになった山頂から南峰へ逃げる。 尾根の西側を辿ってコルを過ぎ最後の急斜で苦労したが山頂からの展望は素晴らしく疲れも一気に吹き飛んだ。
   
山頂から少し移動すると街並みが見える             南峰から見る百松沢山、平べったいが市街から見る山頂部は格好良い
 
南峰から見る神威岳と烏帽子岳、右に定天と余市岳が霞んでいる

百松沢山・南峰 源八郎沢ルート つぼ(道央)1038.1m・1043m 地図はこちら(約250kb)  ■Home
2001年4月  晴れ  登り3.20(5.1km)  下り2.00(5.1km)  総時間5.20
登山口→(1.55)送電線→(1.25)山頂→(2.00)登山口
室内板の類は総じて古いものばかり      作業道から潅木へ、急になってきたぞ      シルバーザッテルと呼ばれる開けた斜面
札幌の街中から見える山々の中で真っ先に探す頂が百松沢山でありその小さな尖端が特徴的だ。 特に豊平川に架かる東橋から見ると端整な山容がテレビ塔やビル郡の上に鎮座しお気に入りである。 百松沢山へはスキーで登ると聞くが残雪期の今ならまだ歩いて登れるかもしれない。 秀岳荘で見かけたレンタルスノーシュー500円なる物を借り出かけた。
手稲左叉からリゾート札幌の看板を右折し砕石場のゲートに車を停める。 残念ながらゴミの不法投棄が目立ち心無い行為に朝っぱらから厭な思いがする。 林道はスノーモービルのコースになっていて圧雪された道を歩き源八郎ダムの先で沢を渡る。 更にその先で二股となり左の斜面に付いた道をスノーシューを付け登った。 足跡が全く無くルートから外れてないか少し不安だったが地図を見ると間違っていないようだ。 潅木帯に入ると傾斜がきつくスノーシューの爪を立てぐんぐん登って行く。
ジルバーザッテルと呼ばれる開けた緩斜面に出て送電線を過ぎるとようやく標識テープが付いていた。 折角スノーシューを借りてきたが雪は絞まってその能力を試すに至らなかったようだ。
870mポコを左に巻き尾根伝いに進んで稜線に出ると里から見る姿とは程遠いのっぺりした山頂に着いた。 標識も何も無い質素な山頂で少し休み雪庇の張り出した尾根から南峰へ向う。 コルから急な斜面を一踏ん張りして頂に到着すると三角点が頭を出していた。 こちらの方がはるかに眺めは良く神威岳と烏帽子岳がこんなに近くに見えるとは思わなかった。 定天や無意根も綺麗に見え眺望に大満足する。 下ってる間もずっと一人っきりだったが漸くすると沢山の登山者とすれ違う。(登り始める時間が早過ぎたかな・・) 足前はスキーが3割、アイゼン3割、残りは長靴等だった。 こ
   
百松沢南峰と神威岳           烏帽子岳は目と鼻の先である

inserted by FC2 system