軍艦山 & 新得山  グンカンヤマ1181m(上士幌町) シントクヤマ455m(新得町)    ■Home
  2018年4月1日 晴れのち曇り スキー

軍艦山は道内に三つあって北大雪のアンギラス、十勝三股の軍艦山、三石の軍艦山、どの山が一番軍艦らしいかは別にして何れも特徴的な山容をしている。 ニペソツに登ると下に見える十勝三股の軍艦山はビンの栓にでも例えようか山頂が不自然なほど平らで気になる山だ。

【軍艦山】 幌加ルート スキー&ワカン 登り2:20/下り1:30
    6:10登山口→6:40スキーデポ尾根取付き→(8:30-8:40)軍艦山→9:20林道→10:10登山口

昨日の喜登牛山は順調な出だしだったが橋の流失とズボズボ雪で敗退だった。 今朝まだ雪が締まっている内にリベンジしたかったが同意を得られず予定通り幌加に向かった。 軍艦山は徒渉の心配もなく、林道をショートカットしてワカンで南東尾根に取り付いた。 単調な樹林帯だったが950mから急傾斜になって木と岩を回避しながら登ってゆく。 後方に空と山の色が同化したウペと丸山を望むのがせめてもの救い、ホロカ山(写真右)も近くに見えていた。

斜度が緩み、台地の様な頂上部に出てほっとするが相変わらず樹林の中である。 左に傾斜の落ち込みとGPSで歩を進めるとポコにピンテが結ばれていた。 登頂の感激は薄く、山頂部を横断して傾斜の緩い南西斜面を下ることにする。 こちらは木の間隔が広く、下り始めて程なくスキーのトレースを見掛ける。 また崩壊した林道に行き詰った様子のツボとスキーのトレースがあってニペか軍艦山を目指したものと思われた。 シールを外して林道を一気に滑って車に戻る。

<2015年 日高町三石の軍艦山 はこちら>




【新得山】236m 新得スキー場ルート 登り0:40/下り0:20
    12:25センターハウス→(13:05-13:10)新得山→13:30センターハウス

道東まで来て軍艦山のみではあまりに物足りないので急きょ手短な山を物色した。 新得山の頂上にはアンテナが建って眺めが良さそうだがスキー場に着くと霧雨だった。 だが濡れる程でもなく、今シーズンの営業を終えたゲレンデを登ってゆく。 30分で上の広場に到着し、スキーをデポしてポコを登ると枯草の上に三角点が出ていた。 山頂からの展望は定かでないが遊歩道か車道から登ってこれるのか東屋が建っていた。 思いのほか広いゲレンデは雪が融け構えでそこそこ滑りが楽しめた。


inserted by FC2 system