両古美山〜泥ノ木山  806m・903m (神恵内村・積丹町) つぼ  地図はこちら  ■Home
2013年5月12日 曇り トーマル峠ルート メンバー3名
9:15トーマル峠→10:30両古美山→(11:45-12:15)泥ノ木山→13:50トーマル峠

泥ノ木山は積丹町と古平町の境界に聳える端正な山である。 以前、美国川からポンネに取り付くと背後にすっきりとこの山が望まれて気になっていた。 泥ノ木はマッチの軸に使われたくらいだから上等な木ではないが何となく愛着の持てる山名である。

ポンネアンチシ山の途中から見る泥ノ木山          トーマル峠からは谷を挟んで展望台と呼ばれる・783ピークと両古美山が手に取る近さに望まれた
昨日から雨が降り続き、 今朝まで山は諦めてたが急に回復の兆しとなり積丹へ車を飛ばした。 トーマル峠から見る山々はまだ雪がたっぷりで一安心するが、車を止める場所が心配になってくる。 峠の駐車場はまだ閉鎖され下り坂になってすぐ除雪回転場があってほっとする。 高曇りで遠望こそ利かないが雨上がりの明るい空が嬉しい、 しかも午後から晴れ予報に山頂展望を期待して出発する。 シェルター沿いに柵が延び、緩やかな尾根の先に両古美山が手に取る近さで望まれた。 もっとも標高は既に600mだから200m登れば良いだけである。 所々雪が禿げていたが尾根はびっしり雪に覆われ、ツボで抜からず快適に標高を上げた。 稜上に出るとハイマツの中に夏道が出ているので此れを辿る。 振り返ると道道998がスカイラインの如く山間に延び、対面の当丸山が手招きしているようだ。 あわよくば初ピークを三つまとめてと思ったが昨夜の酒が若干残ってモチベーションいまひとつだった。

当丸山〜日本海〜屏風山、良い展望が広がっていた  コルを前に泥ノ木山全景、急峻な下りで緊張するかも   ハイマツの出た泥ノ木山山頂、ガスで展望得られず
遮る物の無い稜線からはガニマナコや屏風山が見え、珊内岳やポンネは雲に隠れたままである。 やがてこんもりした雪原の両古美山に到着する。 標識の木れっ端しを雪の中から掘り出すと「無沢1まで2700m、展望台まで600m」と記され、 ここから展望台と△832無沢1まで夏道が付いてるようである。 今なら残雪を踏んでもっと奥の△883無沢2まで行けそうで興味が湧いた。 さて泥ノ木山まで二つのポコがあり緩やかなアップダウンの広尾根が続く。 コルの東側は4m以上の雪庇に亀裂が入り、 立ち止まるほど白く美しい木肌のダケカンバが印象的である。 そして最終コルから眺める泥ノ木山の急なこと! ピッケルも持たずスパイク長靴で来たのを一瞬後悔したが見た目ほどの斜度でなくあれよあれよと山頂を踏んだ。 ピンクテープが結ばれていたが三角点は見つからず晴れそうもないので下山とする。 当丸山は30分もあれば登れそうだったが次回にとっておくことにした。  
inserted by FC2 system