あたご山(△東土場)  アタゴヤマ 252m (札幌市)    ■Home
2018年2月17 曇り後晴れ 林道ルート 
9:40常盤市道→10:00林道ゲート→11:20あたご山(△東土場)→12:25常盤  登り1:40/下り1:05

通過する低気圧の影響で朝から降雪だがじきに晴れ間が広がるらしい。 風が強くまともな山は無理なので滝野丘陵のあたご山に出掛けることにした。

常盤から靴ラッセルで市道を横切ると車が往来して拍子抜け、往復で30分のロスだ。 ゲートには「借入地につき林道以外は立入り禁止」の看板、林道なら入っても良いとの解釈で古いスキーの跡を辿る。 くねくねと小一時間ほど気持ちの良い汗を掻いて尾根に取り付くと植林帯から寒々とした藤野三山が望まれた。 雪雲の流れが早く、この程度の山が限界だったようだ。

尾根は国有地の境界で刈り分けに営林署の古いプレートを見掛ける。 今日は午後からオリンピックのフィギアが始まるので隣の自衛隊も休みのようだ。 自分も早く帰ってTVを見なければ・・少し先の△境界山まで足を延ばそうかとも思ったが止める。 程なく木立に囲まれた丸いポコに到着、プレートに△印が書かれた頂から白幡山が見えるのみ。 あたご山は信仰の山として本州に多いがここの由来は不明である。





inserted by FC2 system