天狗山  テングヤマ  433m  (芦別市)  ■Home
  2017年12月10日 曇り メンバー3名 天狗山林道〜南西尾根ルート
  13:50林道・車190m→14:45南西尾根取付き310m→(15:20-15:25)天狗山→16:15林道・車  登り1:30/下り0:50

鏡岳の下山中に青空が見えてきたので近くの天狗山に寄ってみる。 標高は低いが道内に三十二座ある天狗の一座でこんな時でもなければ登れない山だ。

除雪端にRVが止まっていて厭な予感がしたが雪に点々と血が付く林道の先で猟師が鹿の解体中だった。 向こうも驚いた様子で「先週ここで熊が出たばかりだから気を付けれ」「この先にトラクターでも上がれる道があるぞ」 こちらの気持ちを察したのかまだ温かい肉を戴き、優しいおじさんと可愛そうな鹿さんにお礼を言って適当な尾根に取付く。 薄暗い植林帯の中は鹿の足跡だらけで抜けると尾根が痩せ、下りが大変そうだ。 空知川と野花南の田畑を眼下に登行を続けると夕張山地の山々が見えてくる。

広い稜線には熊の足跡があり、ここの鹿は猟師と熊に狙われて気の毒だと思いながら山頂を目指す。 稜線からは木の間に幌内山地の展望が開け、その中に鏡岳を探すが判然とせず丸子山と思しき丸みを帯びた山とその隣に二つの小さな尖がりが気になる。 そして東端の開けた山頂に到着、展望を期待したがまだ灌木が埋まらずちょっと残念な眺めだ。 それでもなだらかな幌内山地の奥に十勝連峰が夕日を浴びてなかなか良い感じだった。 ここを再訪することはなさそうだが北側の尾根の方がすっきりした感じだ。 ガタタンを食べに行って戻った二人を1時間近く待たせて下山、肉を分け合って帰途につく。



inserted by FC2 system